京都丹後 地酒処

◆◆京都丹後地方は、実は地酒処なんです◆◆

 西より、熊野酒造(主銘柄:久美の浦)、木下酒造(主銘柄:玉川)、竹野酒造(主銘柄:弥栄鶴・蔵舞シリーズ)、
 吉岡酒造場(主銘柄:吉野山)、白杉酒造(主銘柄:白木久)、永雄酒造(主銘柄:旭桜)、
 与謝娘酒造(主銘柄:与謝娘)、向井酒造(主銘柄:京の春・伊根満開)、
 ハクレイ酒造(主銘柄:白嶺・香田・酒呑童子)、等々。
 京都丹後の地酒が広く普及することを祈念し、1本でも多くの丹後の地酒をご紹介して参ります。 
 中には一般流通していない「希少酒」もございます。

2016年6月29日水曜日

丹後酒梁 企画・運営の海底熟成 海囲い酒『龍宮浪漫譚』

丹後酒梁(たんごささりょう)企画・運営の海底熟成 海囲い酒『龍宮浪漫譚』

丹後酒梁(たんごささりょう)企画・運営 海底熟成海囲い酒『龍宮浪漫譚』
京都丹後のお酒を、美しい海の象徴である鳴き砂で有名な京丹後市「琴引浜」沖の水深約27mの海底で、ユル~リと半年間熟成させました。
紫外線がほとんどカットされる水深と、穏やかな温度変化、そして
日本海の波の「ゆらぎ」で熟成された希少なお酒です。
日本最古の浦島伝説の残る京都丹後のお酒を、浦島太郎や龍宮城を思い浮かべながらお楽しみください。

2015年5月14日木曜日

玉川「Ice Breaker」 出荷開始

玉川(木下酒造)「Ice Breaker」 の出荷が開始されました。

人気商品ですので、年々入手が難しくなっています。
手にしたお方は「運のいい方」!!かもしれません。

玉川「Ice Breaker」 出荷開始

2015年1月30日金曜日

竹野酒造/祭蔵舞:『最高金賞』獲得!!

竹野酒造さん おめでとうございます。

第8回インターナショナル・サケ・チャレンジ「生もと・山廃」部門
祭蔵舞:『最高金賞』獲得です。

竹野酒造/祭蔵舞:『最高金賞』獲得
お求めはコチラ>>

2015年1月27日火曜日

与謝野町石川 地域密着型限定販売「かたり酒」

京都丹後には、極小規模の地域限定でのみ販売される『地域密着型限定販売酒』が少なくありません。

今回ご紹介の「かたり酒」もその一つ。与謝野町石川地区の地域密着型限定販売酒です。

与謝野町石川 地域密着型限定販売「かたり酒」
過去にご紹介した地域密着型限定販売酒
等々

2015年1月26日月曜日

京都・峰山二箇地区のコシヒカリ使い清酒「丹後・みかづき田(でん)」

京都丹後の地域密着型限定酒でございます。

(以下京都新聞2014.12.20より)
     稲作発祥の地との伝承がある京丹後市峰山町二箇(にか)地区の住民グループが、
     地元産のコシヒカリを原料とした純米吟醸の清酒「丹後・みかづき田(でん)」を誕生させた。
     同グループは、地域で栽培するコシヒカリのブランド化をアピールするきっかけになればとしている。

     同地区内にある「月の輪田」(約7平方メートル)は、丹後地方の伝承を集めた
     「丹後旧事記(くじき)」によると、食物の女神、豊受大神(とようけのおおかみ)が
     天照大神のために、籾(もみ)だねをまいた稲作発祥の地とされる。

     この伝承を地域起こしに結びつけようと、昨年夏に地元の有志9人で「月の輪田保存会」
     (野木達秋会長)を立ち上げた。

     同グループは、月の輪田での古代米の田植えや収穫祭などの地域イベントを開催。

     一方、二箇地区はコシヒカリの産地で、これを原料とした清酒の新商品を企画した。
     郷土資料によると月の輪田は、三日月形をしていることから「みかづき田」の別称もあり、
     清酒の商品名に決めた。

     醸造は「弥栄鶴」のブランドで知られる竹野酒造(同市弥栄町)に依頼し、
     二箇産コシヒカリ600キログラムで仕込み、限定1千本(1本720ミリリットル)
     の出荷が決まった。野木会長は「飲みやすくさわやかな香りで、良質な二箇産コシヒカリの
     ブランド化を進めるきっかけになれば」と話している。

上記は、同市内の酒ディスカウントストアなどで販売されている。
こういった、「こだわりの地酒」をディスカウントストアで販売しなければならない現状は、
心の底から悲しみが湧いてくる。

京都・峰山二箇地区のコシヒカリ使い清酒「丹後・みかづき田(でん)」

2015年1月22日木曜日

ハクレイ酒造 大鬼 純米吟醸生原酒2014

ハクレイ酒造 大鬼 純米吟醸生原酒2014 でございます。

「大鬼」は、大江山の鬼伝説で有名な京都府大江町の
地域密着型限定酒です。大江町産の「五百万石」で仕込んだ
スッキリ辛口の味わいです。
・原材料名:米(京都府大江町産)米こうじ(京都府大江町産)
・アルコール分:17度以上18度未満
・精米歩合:麹米60% 掛米60%
・甘辛:辛口
・飲酒温度:冷や~常温

ハクレイ酒造 大鬼 純米吟醸生原酒2014

2015年1月21日水曜日

ハクレイ酒造 純米吟醸生酒「初搾り」2014

ハクレイ酒造 純米吟醸生酒「初搾り」2014でございます。

・種類:純米吟醸生酒
・原材料名:米(国産)米こうじ(国産米)
・アルコール分:16度以上17度未満
・精米歩合:60%
・甘辛:やや辛口
・飲酒温度:冷や~常温

酒米「五百万石」100%使用
フレッシュで爽やかな香りと味わいを楽しんでいただけるお酒です。

ハクレイ酒造 純米吟醸生酒「初搾り」2014

2015年1月17日土曜日

白杉酒造 仕込のお手伝い

京都丹後の地酒「白木久(しらきく)」/白杉酒造さんの仕込のお手伝いです。

ものを「作る」、「造る」、「創る」ことは、やっぱり素晴らしいものです。
「麹室」の写真は、残念ながらバッテリー切れでできませんでしたが、
社長の白杉悟氏、半農半蔵人:松本敏幸氏、
半蔵人半営業(?)の岸田伸哉氏と徒然な話に盛り上がりました。
また、お米の1粒も無駄にしない、日本人の精神に改めて触れさせていただきました。
今後のお酒が楽しみです。

お米を蒸す準備:コシヒカリ70%精米

小さいタンクで造った酒母を取り出している様子

酒母を移した大きなタンクへ糀を加えています。

上の写真の糀です。(蔵の2階)

熱いお湯で容器の消毒です。

お米を蒸気で蒸しています。

お米が蒸しあがりました。

蒸しあがったお米を取り出して冷まします。

冷ました蒸し米を加え櫂入れを行います。